2019年7月11日木曜日

ឆ្ងាញ់

ちょっと夜中に火がついてしまったみたいでe-bayで散財してしまいました。

 スタイル決めるのにゴーグル。
 ブッシュとカラー、これは必要な部品すかね。しかしなぜ国内にはないのかな?って毎回思います。
クロスバーパッド、勢いでクリックしてしまいましたね。

 なんとなくあの方の気持ちもわかりますがワタクシの場合は範囲内なんでね、問題ないでしょう。

 ところで 幼少期から料理番組が好きでyoutubeでも良く視聴しております。
 最近はワイルドクッキングとでもいいましょうか、野外で料理。
っていってもキャンプなどのアウトドア料理とは別物。
野外で薪やかまどで調理していくものに、最近と言っても結構前からハマってます。

中でも一番のお気に入りはこちら。


初めて見つけたころは左の子一人でしたが、次第に二人になり三人になりこのところはこの二人が出演しています。

毎日更新されているので飽きずに見ることもできます。
しかしですね、こういう海外の料理動画を見ていると結局のところ
使う調味料が同じで結果「これって全部おなじ味なんじゃないか?」って思うんですよね。
日本だと酒・醤油・みりんでだいたい味付けされているのと同じでね。
海外でも使う調味料は決まってますから。

まー、なんでじゃー言葉もわからないこんな動画をみてるのか?って事になると思いますが


ちょっと可愛いなって思ってるからです。


それがメインです。


でもねー。この右の子は胸元の開いた服を着て少しセクシーなときもあるのにお気に入りの左の子はセクシー衣装を着てくれません。
残念で仕方ないんです。

あとねー

致命的に

右の子

クチャラーなんですよ。

クチャクチャお行儀が悪いんですよねw

カンボジアでは平気なのかな??

ん?カンボジア?なぜわかったか??

それは使う食材を教えてくれるんですよね。あとは食べた後の感想。
例えば前者だと「にんにく」、後者だと「美味しい(予想)」。って言ってるハズなので、容姿から推測するに東南アジアなのは間違いないって事でグーグル翻訳先生で東南アジア圏の言語で片っ端から翻訳したんすよね。

でもね、カンボジアって「カンボジア語」じゃないんですよ。
「クメール語」って言うんですよねー、一つ勉強になりましたよ。
中学の頃ニュースでカンボジア難民が取り上げられてて当時黒くて細くてちょっとそれっぽい子が「カンボジア」って言われてました。
話それましたね・・・

 あ、あとねこの動画がどこの国なのか調べてる時にね同じようにハマってみてるってブログ見つけてねその方も「クチャラー」って書いてました。

こんな動画を見てる日本人がいて感想をブログにあげてるってなんだかたね凄いなって思うのと同時に
いつもニッチな方、ニッチな方へ行くワタクシと同じこと考える人って世の中自分だけじゃないんだなって思いました。

2019年4月16日火曜日

【sold】For sale 1968 t500 cobra

思うとこあって手放すことにしました。

インスタでもお知らせしましたがヤフオク出品中です


説明はヤフオクにあります。

2019年3月26日火曜日

ヒーロー!!

前にも書いたよーな気がしますが本日は興奮していますのでネタがかぶってよーが関係ないんです。

バイクの免許を取ってハスラー50→ガンマ50とスズキのバイクに乗り始め中免とって250ガンマと着実にスズキに染まっていってる中
Wgpをテレビで見るようになってから丁度スズキの活躍はなく優勝するのはヤマハのYZRのローソンやホンダNSRのスペンサーやガードナーでスズキのバイクなんてテレビに映ることもなくなってた。
1984のバリーシーンの年間6位。
1983のマモラの年間3位。
年間チャンピオンは1982のウンチーニ、1981のルッキネリ、1977のバリーシーン。
とワタクシがWgpを見るようになる前はスズキも優勝やチャンピオンになってたので
YZRやNSRが活躍するwgpは見てはいたけどしっくりきていなかった。

いつになったらスズキがレースで勝つのかそればっかりが頭の中にあった。

こんなことを今でも覚えているくらいだから当時はやはり相当だったんだろうと思う。

そんなこんなで迎えた1988年3月27日鈴鹿。

テレビで見てたくらいしか知識なんてないから、スズキのマシンもライダーも知らない。
そこでトップに立ったペプシカラーのガンマにくぎ付けになった。
アグレッシブな走りも十代のワタクシには興奮しかなかった。
こけないでこのまま。お願いだからチェッカー受けてくれ。
今でもあの興奮は忘れない。
感受性が豊かになって涙もろくなってる40代のオッサンとは違い
なんでも斜に構え感情なんか世間や大人への反抗しかなかったワタクシから涙がこぼれた。
1人ブラウン管の前で涙した。

そう、ワタクシのヒーローはシュワンツしかいない。

Kevin Schwantz' First AMA Superbike Win - Willow Springs 1985


gsxr750に乗っていたのは知っていた。
その前にヨシムラからgs700esでAMA superbikeに出場していたのを後から知った。バーハンにバックステップ。
そう若い時に何かの雑誌で知ったAMA superbike。
superbikeを知った時はウエスクーリー・ローソン。スペンサー。
スズキはカタナとかも走っていたみたいだけどカタナは既にセパハン。
その後のレイニーとgsxrのシュワンツ。

ヒーローのシュワンツはセパハンのgsxrしか知らなかった。

その後しばらくおそらくネット社会になるまでの間シュワンツがバーハンのgs700esに乗っていたのを知らなかった。

あっ!バーハンじゃないかな?

まだメットがクーリー(その後同じバイクでヨシムラカラーみたい)。

このネット社会に動画がアップされていなかったのに、二か月前にアップしてくれた人がいたようで今日(20190326)知った。

めちゃめちゃ興奮してる。

gs700es。どうも国内で1人、もしかしたらもう少しいるのかもしれないけど某オークションでも普通の中古サイトでも見たことない。
アメリカでと思ってもどうもアメリカでもマイナー車なのかタマはない。
でも、あれば安いはずだから金掛けても引っ張ってきたいなって興奮してる(現実問題いくらかかるかがキモですけど)。
外装とフレームがあればいい。
足やエンジンは他車のを流用でコレ乗りたい。興奮してる。

でも、あんまりにも現実的じゃないからGR71の青白でもいいのかなって妥協しちゃいそう(買う前提w) 。


2019年2月27日水曜日

洗濯機


こうして振り返ってみると良く遊んでたんだなーって思った。

ラベル シンディーさん の投稿を表示しています。

いつも実物より7割増しぐらいで写真撮ってくれてありがとう。

それと程よい刺激的な走行もすげー楽しかった。

みんなネットでの発信は今はもうすっかりインスタになってるけれど
ワタシがブログ始めるきっかけになったブログでもあり

当時ブログの更新を楽しみにしてたもんです。



2019年2月10日日曜日

Japanese old culture called "Kaminarizoku" / カミナリ族仕様のT500ドキュメンタリー

2015年の12月だか2016年の1月に手に入れたT500。

46psなのにSR400と同じくらいの最高速なんておかしいだろ!!絶対エンジン終わってる!!
と始まったOH計画。

途中空白の10か月がありましたがクランク・ピストンのOHを経ても最高速あまり変わりなくでした。チャンバーがいけないんだなと思ってます。

そんなT500も一度インスタにfor saleと掲載しましたが、ワタクシの憧れていた全く予想外の方から「カッコいい」のお言葉を受け手放すのをやめた経緯もあります。

出会ってから色々ありましたが乗り続け持ち続けていた事から今回のノスタルジックバイクさんの取材を受ける縁ももたらしてくれました。



youtube公開する前にノスタルジックバイクさんから確認の動画のURL送られてきました。
「なにかマズイとこあったれ編集できるんで確認してください」と。

冒頭のインタビュー、「せんきゅうひゃくろくじゅうはしねん・・・」が始まった瞬間自分の声が聞くに耐えられなくなり動画をストップして

「自分の声が恥ずかしくて聞いてられないのでそのまま公開してください」となった動画です。

ワタクシ自身は動画を見ていないので何を言っているのか全く分かってません。

ワタクシと面識のある方ならいつものワタクシがいつもの口調でいつもの様に話してるだけなのでしょうが、やはり自分の声は恥ずかしくて聞いてられないですね。

あと、かなり人数は限られてると思いますがブログだけでお会いしたことない方々には肉声を聞いて「あぁーこういう声と話し方なのか」となってる事でしょう。
 



最近、バイクはオリジナルのノーマルがカッコいいって思っててこのT500もノーマルに戻したくて仕方ない。

もうオジサンがチャンバー付けて大きな音で走ってるのは、みっともないんじゃないかなとか思ってるのでノーマルに戻すかもしれない。




2019年1月31日木曜日

Cobra shooting is NostalgicBike

お久しブリーフ!!

まーこの場を借りて言っておきたいことも
ものすごーくありますが色々面倒なことになるのもアレなんで。

しかし、人生であんなに話したことないって自分で実感するぐらい人に話したな。

例のあの件で。

何人かに「あんなにしゃべったの初めてです」って言われました。

こうしてキーボード打ってると止まらなくなりそうなので危ないから話題を変えますよ?


プロにお金払えば動画の撮影もしてくれるのでしょーが
動画を作成したところで使い道なんてありません。

なかなか「自分の動画を」なんて機会もありませんので
一瞬恥ずかしいから迷いましたけど
ちゃっかり取材に乗っからせてもらいました。

冥土の土産じゃない有りませんが”いい記念”になりますからね。

自分の声や話し方なんて死んでも聞きたくないくらい嫌なもんですが
よくよく考えると周りの人はその声を聴いているし
その話し方のワタクシと会話もしてる事を考えると
他の人からしたら何にも特別なことなくて普通なんだなって思ったら気にならなくなりました。





撮影してくれたのはNostalgicBike(ノスタルジックバイク)さん。

ノスタルジックライフというwebでビンテージバイク・カルチャー発信WEBメディアというような活動をされていいます。

NostalgicBikeさん
HP http://nostalgicbike.com/nostalgic/
 
instagram https://www.instagram.com/nostalgicbike/?hl=ja

youtube https://www.youtube.com/channel/UCi8k4NMPuLTi-SuE4T2T-lw?sub_confirmation=1

撮影後、もっとあーすれば良かったとか、もっとカミナリ族の事について語っておけばとか後悔ありまくりですw

2018年5月26日土曜日

cobra kick start

youtubeでずっとヒデキ観てます。移動中の車の中もずっとヒデキです。カラオケはいかないので車の中で熱唱(歌ってるところがバレない夜に限る)してみても声が全くでなくてヒデキの歌は歌えないので残念でなりません。ボイトレ行ったらヒデキみたいになれんじゃないかとか本気で考えたりしてます。

近頃、感激したことがないんでソロソロなんでもいいから感激したいです。