2015年3月12日木曜日

Titan performance Chamber Suzuki t500

全国3,000万のポールファンの皆様こんばんわ。

ずーっとT500のチャンバーネタが続いているので更新を楽しみにしてらっしゃる方ばかりだったと想像します。

更新のたびに

「とうとう来たか!?」

「まだこねーんだろ?」

「多分、一生こねーな」


ネタ的には来ない方がおいしかったのですが、残念ながら皆様のご期待にそうことが出来ず。

ドバイから中国で謎の一泊をへてTOKYOに3/11の朝到着しており
TOKYOからはその日(3/11)の午後自宅に到着しました。

日本では到着から発送までが早く、日本人の勤勉さを感じて。

その吉報は、こつこつ堅実営業を重ね10周年を迎えたMC FUNNYさんで
ウィンカーとテールレンズ交換中、嫁からラインで送られてきまして。







こんなに皆様を巻き込んで、待ちに待ったモノが届いたのにジッとしていられるはずもなく

FUNNYさんからピックアップトラック(ホンダ アクティー)を借りて自宅までチャンバーを取りに戻るという

自分の事だと非常に動きが迅速なワタクシでございマンモス。




 http://classic2strokesuzuki.weebly.com/







ビンテージの雰囲気は捨てがたいし何物にも代えがたいカッコよさなので

当時モンの猫テールにしようか迷いましたが、猫自体が有りなのか無しなのかの

自信がゼロだったので3,000円の猫にしてダメなら普通のルーカスタイプにすればいいだろう

という安全策(なにげに石橋をたたいてから渡るタイプ)






妄想の段階ではヘッドライトも小ぶりにして・リアフェン切って・テールももうちょい上につけてって

2か月間寝る間も惜しんで妄想しまくっておりまして。

寝る前に好きな娘のことを考えても夢には出てきたことがありません。












シートが邪魔でテールがこれ以上前に付けられないという2か月間の妄想を現実が打ち破って

常に現実逃避していて打たれ弱いワタクシはファニーへ向かるルンルンが一瞬でなくなり

さっきまであんなに好きだったスズキさんを嫌になりましたが








テールをもうちょい前に付けるのにシートを小ぶりにすればタンクが大きすぎるし

ライト周りもすっきりさせればこれまたタンクがデカいのが気になり始め

少し の加工で付けられる小さいタンクがあれば出来そうですが

そこまでカスタムにお金を掛けるなら調子がいいのか悪いのかわからない

このバイクのいずれ壊れると予想される修理代に取って置いた方が良いだろうと

お母さんに言われました。





それもソレですが更新できるのか不安だった例のブログ

頑張って更新されてるのを見ると自分のバイクの事など

どうでも良くなったり、するはずはありません。



三日坊主にならなけらば良いなと思いながら


「継続は力なり」クロードチアリ


68 XLCH まだ売れてません


PS.ビンビン ビンビン うるさくてノーマルマフラーに戻す日もそう遠くはないでしょう。。。

suzuki t500 スズキt500
スズキ t500

0 件のコメント:

コメントを投稿